LINE公式アカウントでリッチメニューの出し分けをする方法

LINE公式アカウントでリッチメニューを出し分けする方法
 

LINE公式アカウントで複数のリッチメニューを出し分けて運用しているアカウントがあるけど、どうやってやるのかな?

今回はこういった疑問に答えます。

リッチメニュー通常、同じ期間に複数個作成しようとすると以下のエラーが発生してしまいます。

それにも関わらず、一部のアカウントではリッチメニューを出し分けていますよね。

一体どうやって実現しているのか、具体的な方法について解説していきます。

目次

【結論】LINE公式アカウント単体ではメニューの出し分けは不可能

sad

先に結論ですが、LINE公式アカウント単体ではリッチメニューの出し分けは不可能です。

冒頭でも述べたように、同じ期間に複数個作成しようとするとエラーが発生してしまいます。

LINE Official Account Managerの管理画面では、同期間に1個までしかリッチメニューを登録できません。

LINEの拡張ツールでリッチメニューを複数個作成できる

概要

それではどうやって、複数個のリッチメニューを出し分けするのでしょうか。

実はLINE拡張ツールを使うことで解決することができます。

ここでは機能・コストパフォーマンス共に優れている、L Message(エルメ)をピックアップします。

L Message(エルメ)はLINE拡張ツールの1つで、LINE公式アカウントの機能をさらに拡張する機能を持ちます。

主な特徴は以下の通りです。

  • アクションとリッチメニューの紐づけができる
  • 表示期間の設定がいらない
  • 誰がどのリッチメニューを見ているか確認できる
  • タブ切替にも対応
  • ボタンは好きな数だけ作れる
  • フリープランは2個まで作れる

順番に解説していきます。

アクションとリッチメニューの紐づけができる

ステップ配信やタグ付けなどのアクションと連動して、リッチメニューを表示させることができます。

商品購入前の人に向けたメニュー、購入後の人に向けたメニューなどをそれぞれ出し分けが可能。

L Message(エルメ)の流入経路分析機能と併用すれば、1つのアカウントで複数店舗のLINEを一元管理できるようになります。

>>L Message(エルメ)の流入経路分析を効果的に使うテクニック

表示期間の設定がいらない

LINE Official Account Managerの場合、リッチメニューの表示期間の設定が必須です。

よって、期限切れになって表示されなくなるリスクも。

その反面、L Message(エルメ)では表示期間の設定が不要。

一度設定したら、そのリッチメニューをずっと使い続けられます。

誰がどのリッチメニューを見ているか確認できる

複数個のリッチメニューを運用していると、誰がどのメニューを見ているか把握したいですよね。

L Message(エルメ)であれば、一覧で見ることができます。

 

この友だちリストだけに絞って、メッセージ一斉配信やタグ付けなどのアクションもできます!

タブ切替にも対応

リッチメニューからリッチメニューへと画面遷移するタブ切替にも対応。

メニュー項目を無限大に増やすことができます。

>>LINE公式アカウントでリッチメニューのタブ切り替えを行う方法

ボタンは好きな数だけ作れる

LINE Official Account Managerでは、6個までしかメニューを用意できません。

しかし、L Message(エルメ)なら好きな数だけ作ることが可能。

画像から好きな範囲を選択してボタン化することができます。

L Message(エルメ)-リッチメニューのタップ領域選択
 

ボタンの数は8~10個ぐらいまでにしましょう!

フリープランは2個まで作れる

フリープランではリッチメニューは2個まで、スタンダードプランでは無制限で作ることができます。

他ツールでは有料プランでしか作成できないことが多いのに、無料で2個まで作れるのは良心的ですね。

L Message(エルメ)の導入を検討してみましょう

まとめ

今回はLINE公式アカウントで、複数のリッチメニューを出し分けする方法について解説してきました。

残念ながらLINE公式アカウント単体では、複数のリッチメニュー作ることができません。

よって、LINE拡張ツールのL Message(エルメ)などを導入する必要があります。

L Message(エルメ)は無料から始められるので、これを機会に導入を検討してみてはいかがでしょうか。

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「他のツールから乗り換えたい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次