リッチメニューから電話をかける裏ワザ設定とは?【LINE公式アカウント】

リッチメニューから電話をかける設定とは
 

リッチメニューをタップするだけで、電話をかけられるようにしたいけど、何とか設定できないかな?

今回はこういった疑問に答えます。

LINE公式アカウントのリッチメニューのボタンに、店舗への電話機能を設置できたら便利ですよね。

リッチメニューには電話発信の機能自体はありませんが、ある裏ワザで可能になります。

ただし、気をつけるべき注意点も。

そこで今回は、LINE公式アカウントのリッチメニューに電話発信を登録するメリット・デメリット、そして登録手順を解説していきます。

LINE友だち追加で豪華3大特典プレゼント!

LINE登録特典

特典:顧客対応を自動化で大幅削減! LINE公式アカウント自動化術
特典②:心理学でお客様の心をガッチリ掴む!LINE×動画活用術【3選】
特典9つの質問に答えるだけ!エルメ導入適性診断


最新のLINE友だち集めノウハウも限定配信!
エルメを使ったサンプルアカウントも無料でご覧頂けます

目次

リッチメニューに電話番号を設置するメリット・デメリット

概要

まず、リッチメニューに電話番号を設置するメリットとデメリットは以下の通りです。

  • お客様が電話番号を探す手間が省ける
  • 複数の電話窓口対応が可能になる
  • 応答時間外でも電話がかかってくる可能性がある
  • 一部のお客様にとっては通話料の負担増になる

順番に解説していきます。

お客様が電話番号を探す手間が省ける

リッチメニューに電話発信のボタンを設置していれば、お客様はわざわざネット検索で電話番号を探す手間が省けます。

友だちにLINE通話をするぐらいの手軽さで、電話してもらえるようになりますね。

複数の電話窓口対応が可能になる

LINE公式アカウントのプロフィール情報には、通常1つの電話番号しか登録できません。

しかし、リッチメニューに電話発信を設置するならメニュー項目を分けて複数の番号登録が可能。

複数の電話窓口を設けている場合はとても便利ですね。

応答時間外でも電話がかかってくる可能性がある

デメリットとして、応答時間外でも時間がかかってくる可能性があります。

LINE公式アカウントには「LINEコール」という機能があります。

LINEコールは応答時間外での対応の有無を選択できるのですが、リッチメニューに電話発信を設置する場合は選択できません。

営業時間が分かるようなメニュー項目を別途用意しておくのがオススメです。

一部のお客様にとっては通話料の負担増になる

リッチメニューから電話発信をできるようにした場合、一部のお客様には通話料負担増の可能性があります。

なぜなら、LINEのリッチメニューからは通常の電話発信しかできないから。

よって、楽天のRakuten Linkのような、特定のアプリから発信した場合のみ割引のあるサービスは使えません。

リッチメニューに電話番号を設置する手順

流入経路

それではリッチメニューに電話番号を設置する手順を説明していきます。

もしリッチメニューのデザインが手元に無い場合は、事前に作成してください。

>>リッチメニューのデザインをおしゃれに作る方法

まず、LINE Officical Account Managerのリッチメニュー作成画面を開きます。

テンプレートを選択し、好きな背景画像をセットします。

コンテンツ設定のところで、タイプを「リンク」にセットします。

そして「URLを入力」のところに以下を入力してください。

tel:◯◯◯-◯◯◯◯-◯◯◯◯ (電話番号)
(例:tel:070-1234-5678)

URLの多くは「https://」から始まりますが、「tel:」と頭につけることで電話番号への発信になります。

続けてアクションラベルを入力してください。

アクションラベルについては以下の記事で解説しています。

>>リッチメニューのアクションラベルとは?

ここでは以下の画像のように、「◯◯◯-◯◯◯◯-◯◯◯◯に電話をする」で良いでしょう。

他の項目の入力も全て完了したら、「保存」をクリック。

実際にリッチメニューをタップしてみて、以下のような画面が出れば作業完了です。

まとめ

まとめ

今回はリッチメニューに電話番号を設置するメリット・デメリット、そして手順を解説してきました。

URLリンクを「tel:」にすることで、電話発信ができることを知らなかった方も多いのでは。

LINEのリッチメニューはトーク画面に大きく目立つので、利用できそうな業種の方は積極的に活用していきましょう。

LINE友だち追加で豪華3大特典プレゼント!

最新のLINE友だち集めノウハウも限定配信!
エルメを使ったサンプルアカウントも無料でご覧頂けます

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「LINE自動化ツール導入のコンサルティングをしてほしい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる