LINE公式アカウントのリッチメニュー画像サイズ一覧!おすすめは?

LINE公式アカウントのリッチメニューの画像サイズおすすめは
 

LINE公式アカウントのリッチメニューを作成したいけど、どんなサイズの画像を用意すれば良いかな?おすすめは?

今回はこういった疑問に答えます。

LINE公式アカウントでは、画面下部にオリジナルのメニューを設置することができます。

フォトスタジオリッチメニュー

しかし、どんなサイズの画像を用意すれば良いのか、よく分からないですよね。

そこで今回は、画像サイズ一覧とおすすめのサイズ、そして好きなサイズの画像の作り方を紹介します。

LINE友だち追加で豪華3大特典プレゼント!

最新のLINE友だち集めノウハウも限定配信!
エルメを使ったサンプルアカウントも無料でご覧頂けます

目次

リッチメニュー画像サイズ一覧

teach

リッチメニューで設定可能な画像サイズは以下の通りです。

タブを切り替えてご確認ください。

大きいメニューレイアウト
  • 2500px × 1686px
  • 1200px × 810px
  • 800px × 540px

※(横)×(縦)の順で、pxはピクセル数を示しています

上記のように、画像サイズは大・小それぞれ3種類ずつありますね。

LINE公式アカウントのリッチメニューとして登録するには、このpx(ピクセル)数をピッタリにして登録しなければなりません。

誤った画像サイズで登録しようとすると、「指定されたサイズの画像をアップロードしてください」とエラーが表示されてしまいます。

リッチメニューの画像サイズによるメリット・デメリット

機能

それではリッチメニューの画像サイズは、「大」にすべきか「小」にすべきか、それぞれメリットとデメリットを紹介していきます。

画像サイズが大の場合

画像サイズが大の場合、メリットとデメリットは以下の通りです。

  • トーク画面を見たときのインパクトが強力
  • 最大6個までのコンテンツを登録できる
  • メニュー画面が邪魔で、メッセージ内容を見てもらえない可能性がある

順番に解説していきます。

トーク画面を見たときのインパクトが強力

トーク画面に占めるメニューの割合が大きいため、メニューを見たときに強烈なインパクトを与えられます。

同業他社がリッチメニューを設置すらしてないのに対して、あなたが魅力的なメニュー画面を用意できれば、一気にお客様を惹きつけられることでしょう。

最大6個までのコンテンツを登録できる

大きい画像サイズであれば、最大6個までのメニューコンテンツを登録できます。

公式HPやSNS、メニュー紹介など、色々なコンテンツを設置したい方に向いています。

コンテンツのアイデアが気になる方は、以下のプレゼント企画を参照ください。

>>リッチメニューのコンテンツアイデアがもらえる!無料プレゼント企画

メニュー画面が邪魔で、メッセージ内容を見てもらえない可能性がある

画像サイズが大きいと、メニュー画面が邪魔でメッセージ内容を見てもらえない可能性があります。

例えば以下のトーク画面を見てください。

 

メッセージ文の上側が表示しきれていない!

リッチメニューを大きくすると、その分だけメッセージ枠が狭まってしまいます。

メッセージ配信をするときに、リッチメニューとのバランスを考慮した文字数に整える必要があります。

画像サイズが小の場合

画像サイズが小の場合のメリット・デメリットは以下の通りです。

  • メッセージ枠の圧迫が少なくて済む
  • メニュー項目が3個までなので、コンテンツ量が乏しい

順番に解説していきます。

メッセージ枠の圧迫が少なくて済む

メニュー画面が小さいので、メッセージ枠の圧迫が少なくて済みます。

大きい画像サイズほどのインパクトはありませんが、設置したいコンテンツが1~3個と少ないのであれば、小さい方がおすすめです。

メニュー項目が3個までなので、コンテンツ量が乏しい

コンテンツが最大3つまでしか設置できないので、せっかくメニュー画面を設置するのにしては少々勿体ない気がします。

リッチメニュー画面を切り替えるタブ化の検討をしてみてはいかがでしょうか。

>>LINE公式アカウントでリッチメニューのタブ切り替えを行う方法

おすすめの画像サイズを紹介

メリット

LINE公式アカウントのリッチメニューでは、様々なサイズを登録できることを紹介しました。

「大」「小」それぞれのメリット・デメリットについても理解頂けたかと思います。

それでは結局のところ、どの画像サイズにすれば良いのでしょうか。

おすすめの画像サイズは以下の通りです。

リッチメニューおすすめの画像サイズ
  • 画像サイズが大 … 2500 × 1686px
  • 画像サイズが小 … 2500 × 843px

なぜかというと、「画質が良いから」

ピクセル(px)数が大きいほど画質が向上して、お客様に与える印象も良くなります。

画質が向上すると、トーク画面の表示速度が遅くなる心配があるかもしれませんが、画像1枚程度の容量であれば気にする必要はありません。

よって、ピクセル数が大きい「2500 × 1686px」、「2500 × 843px」のどちらかで作成しましょう。

まとめ

まとめ

今回はリッチメニューに最適な画像サイズを紹介してきました。

色々なサイズの画像を登録できますが、結局のところは 「2500 × 1686px」、「2500 × 843px」のどちらかで作成しましょう。

それぞれ、メリット・デメリットも考慮しつつ、あなたに合ったメニュー画面を作ってみてはいかがでしょうか。

LINE友だち追加で豪華3大特典プレゼント!

最新のLINE友だち集めノウハウも限定配信!
エルメを使ったサンプルアカウントも無料でご覧頂けます

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「LINE自動化ツール導入のコンサルティングをしてほしい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる