LINEのリッチメニューをCanvaのテンプレートで作る方法

リッチメニューをCanvaのテンプレートで作る方法
 

Canvaを使えば簡単にリッチメニューが作成できるらしいけど、具体的にどうすればいいのかな?

今回はこういった疑問に答えます。

LINE公式アカウントのリッチメニューは、デザインスキルがないと難しそうですよね。

でも無料から使えるデザインツール「Canva」には、ありがたいことに、オシャレなリッチメニュー用テンプレートが多数揃っています。

以下のリッチメニューも、Canvaのテンプレートをもとにサクッと作りました。

 

誰でもこのぐらいのデザインのリッチメニューが作れます!

Canvaのテンプレートを使った、超簡単リッチメニュー作成方法を解説していきます。

LINE友だち追加で豪華3大特典プレゼント!

LINE登録特典

特典:顧客対応を自動化で大幅削減! LINE公式アカウント自動化術
特典②:心理学でお客様の心をガッチリ掴む!LINE×動画活用術【3選】
特典9つの質問に答えるだけ!エルメ導入適性診断


最新のLINE友だち集めノウハウも限定配信!
エルメを使ったサンプルアカウントも無料でご覧頂けます

目次

リッチメニューを作成する前に

注意点

よく他の記事を見ていると、LINE Official Account Managerからテンプレートレイアウトをダウンロードしているのを見かけますが、Canvaなら無くても作成できます。

LINE Official Account Managerのテンプレートは不要
 

今回はCanvaのテンプレートをそのまま使います!

しかし、デザインの最低限の知識は身につけておきたいところ。

以下の記事で、リッチメニューをおしゃれに作るためのデザインを解説しています。

>>リッチメニューのデザインをおしゃれに作る方法

Canvaでリッチメニューを作成する手順

それでは具体的にCanvaでリッチメニューを作成する手順を解説していきます。

流れは以下の通りです。

  1. Canvaに無料登録
  2. リッチメニューのテンプレートページから選択
  3. 好きなアイコンのセット、文字や色を調整
  4. Canvaで作成したデータを保存

順番に解説していきます。

STEP
Canvaに無料登録

まずはCanvaにアクセスして無料登録します。

>>Canvaのトップページはこちら

画面右上の登録をクリックしてください。

canvaトップ画面

以下のどれかのパターンで登録を行います。

  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント
  • Apple ID
  • その他メールアドレス
 

どれでも良いけど、迷ったらGoogleアカウントでの登録がおすすめ!

STEP
リッチメニューのテンプレートページから選択

Canvaの登録が完了したら、いよいよ作成に入っていきます。

ログインしたままで、以下のページにアクセスしてください。(新しいタブで開きます)

>>LINEリッチメニューテンプレートでおしゃれなデザインを無料で作成

 

すごい数のテンプレートが公開されてますね!

この中から、自分のイメージに近い画像を選択してください。

すると、以下の画面が表示されるので、「このテンプレートをカスタマイズ」をクリック。

編集画面が表示されます。

上記手順の他にも、テンプレートを使う方法があります。

覚える必要のない方はSTEP3まで飛ばしてください。

Canvaのトップ画面の右上から「デザインを作成」をクリックし、「リッチメニュー」と入力してください。

すると、検索結果で「LINEリッチメニュー表(大)」と「LINEリッチメニュー表(小)」の2つが現れます。

お好きなタイプを選択すると、編集画面に入ります。

編集画面の左側にテンプレートが表示されているので、そこから自分に合うものを選びます。

以上でテンプレートの設定は完了です。

STEP
好きなアイコンのセット、文字や色を調整

画面左側から好きな素材を選ぶことができます。

「素材」からお好きな素材を検索してみましょう。

もし色を変えたい場合は、後から変更することができます。

元々のテンプレートは、それぞれのパーツを自由に調整することができます。

 

周りの素材との配置も、自動で揃えてくれるから便利!

他にもテキストや写真を挿入することで、リッチメニューが完成しました。

STEP
Canvaで作成したデータを保存

最後にデータを保存する作業です。

Canvaの画面右上から「ダウンロード」をクリック。

ファイルの種類をPNGまたはJPGにしてダウンロードしてください。

「ダウンロード」フォルダ等にデータが保存されます。

PNGの方が画質は良いですが、その分ファイルサイズも大きくなります。

リッチメニューは1MBまでのデータしか登録できません。

もし容量がオーバーした場合は、以下のサイトで圧縮してみてください。

>>登録不要!TinyPNGを使ってみる

あとはLINE Official Account Managerに登録して完了です。

まとめ

まとめ

今回はCanvaのテンプレートを使って、簡単かつおしゃれにLINEのリッチメニューを作成する手順を紹介しました。

Canvaには無料で公開されているテンプレートがたくさんあるので、もうデザインに迷うことはないでしょう。

早い方であれば15分程度で作ることも可能です。

もしCanvaの操作が苦手であれば、プレゼン用ソフトのGoogleスライドを使う方法もあります。

当サイト内でも紹介しているので、もし良かったら参考にどうぞ。

>>LINEリッチメニューテンプレートでおしゃれなデザインを無料で作成

LINE友だち追加で豪華3大特典プレゼント!

最新のLINE友だち集めノウハウも限定配信!
エルメを使ったサンプルアカウントも無料でご覧頂けます

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「LINE自動化ツール導入のコンサルティングをしてほしい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる