L Message(エルメ)を導入するメリット・デメリット

 

L Message(エルメ)を導入したいけど、どんなメリット・デメリットがあるんだろう?

今回はこういった疑問に答えます。

LINEの拡張ツールL Message(エルメ)は気になるものの、導入した後に後悔の無いように、良い点・悪い点を事前に知っておきたいですよね。

そこで私が実際にL Message(エルメ)を導入してみて感じた、メリットとデメリットをそれぞれ紹介していきます。

目次

L Message(エルメ)のメリット【6選】

まずはL Message(エルメ)のメリットを6つ挙げていきます。

L Message(エルメ)のメリット
  • 無料でも主要な機能は全て使える
  • 他ツールに比べて安い
  • 直感的に操作ができる
  • 公式マニュアルが充実
  • サポートの対応が早い
  • 機能のアップデートでどんどん魅力的に

順番に解説していきます。

無料プランでも主要な機能は全て使える

L Message(エルメ)では配信数1,000通/月の無料プランでも、以下のような機能が利用できます。

  • 友だち見える化
  • 絞込み配信
  • ステップ配信
  • リマインド配信
  • 自動返信
  • 1:1チャット
  • スマートフォンアプリ
  • URLクリック測定
  • コンバージョン測定
  • イベント予約管理
  • タグ管理
  • アフィリエイトセンター
  • リッチメニュー(2つまで)
  • 回答フォーム(3つまで)
  • 流入経路分析(3つまで)
  • スタッフ管理(管理者+1人まで)
 

他ツールでは上位プランでしか使えない「リッチメニュー」や「流入経路分析」も、L Message(エルメ)なら使えます!

自分でも使いこなせるか、使い心地を確認したい場合に「無料」なのは嬉しいメリット。

L Message(エルメ)に登録してからも、安心して構築に時間を取れますね。

他ツールに比べて安い

代表的なLINE拡張ツールと比較してみましょう。

今回は配信数ベースで比較しますので、機能は考慮しないものとします。

L Message(エルメ)PosterLステップLiny
初期費用無料無料無料54,780円
1,000通まで無料無料2,980円/月5,500円/月
15,000通まで10,780円/月5,000円/月21,780円/月43,780円/月
45,000通まで 10,780円/月29,000円/月32,780円/月76,780円/月
10万通まで10,780円/月71,000円/月87,780円/月問合せ
100万通まで10,780円/月765,000円/月197,780円/月問合せ
LINE拡張ツール価格比較

L Message(エルメ)はどれだけメッセージを送っても、最大で10,780円/月が上限となっているので、安心して使うことができますね。

中小企業や個人事業主の方には嬉しいポイントです。

>>LステップとL Message(エルメ)を比較!おすすめはどっち?

直感的に操作ができる

L Message(エルメ)はシンプルで直感的に操作ができる画面設計となっています。

ITが苦手な方でも、マニュアルを活用しつつ頑張ることで使いこなせることでしょう。

L Message(エルメ)の画面

ITが得意な方であれば、ほとんど自力で構築を行えると思います。

公式マニュアルが充実

L Message(エルメ)はとてもマニュアルが充実しています。

テキストと画像での説明はもちろん、動画マニュアルもあるので、実際の画面を見ながら説明を聞くことができます。

キレイにカテゴリ分けされているので、お探しのマニュアルがすぐ見つかることでしょう。

 

「気になるキーワードで検索」で単語を入れて調べるのがオススメ!

>>L Message(エルメ)のマニュアルはこちら

サポートの対応が早い

L Message(エルメ)はサポートの対応スピードが早いです。

LINEの公式アカウントがあるので、そこから問い合わせをしましょう。

LINE経由で個別相談を受けたり、マニュアルのサイトへ直接飛ぶことができるので、L Message(エルメ)を導入する際は友だち登録必須ですね。

機能のアップデートでどんどん魅力的に

L Message(エルメ)では毎月のように機能改善のアップデートが行われています。

今まで他ツールにあって、L Message(エルメ)に無かった機能も続々と実装されています。

もし、「こんな機能があったらいいな」「ここをもっと使いやすくしてほしい」などの要望がありましたら、サポートに連絡してみてください。

数か月後には、あなたが要望を出した機能が実装されるかも!?

L Message(エルメ)のデメリット【3選】

次にL Message(エルメ)のデメリットについても3つ紹介していきます。

L Message(エルメ)のデメリット
  • 公式サイト以外の情報が少ない
  • 1:1チャットが課金対象になる
  • アップデートで操作画面が変わることがある

順番に解説していきます。

公式サイト以外の情報が少ない

L Message(エルメ)はまだまだ知名度が低いツールのため、公式サイト以外で紹介している方が少ないです。

SNSを見ていても、Lステップ等に比べると発信されている方はごく僅かといえます。

ただし、公式のマニュアルが非常に充実しているので、ほとんど困ることはないでしょう。

1:1チャットが課金対象になる

これは他のLINE拡張ツールにも共通に言えることですが、1:1チャットがLINE公式アカウント側で課金対象となってしまいます。

L Message(エルメ)では、1:1チャットをする際にMessaging APIを利用するため、このような課金が発生します。(詳しくはここでは割愛させて頂きます)

今まで、お客様のサポート対応でLINE公式アカウントを頻繁に活用してきた方は十分に注意しましょう。

アップデートで操作画面が変わることがある

L Message(エルメ)は毎月のように機能改善のアップデートをしているため、ときどき操作画面が変わることがあります。

未知の項目が増えていたり、ボタンの種類や配置、デザインなどが突然変更される場合があります。

ITが苦手な方にとっては戸惑うかもしれませんが、分からないときはマニュアルを見たり、サポートに問い合わせすれば解決できることでしょう。

まずはL Message(エルメ)を導入してみよう

まとめ

ここまで色々とメリット・デメリットを挙げてきました。

L Message(エルメ)のメリット
  • 無料でも主要な機能は全て使える
  • 他ツールに比べて安い
  • 直感的に操作ができる
  • 公式マニュアルが充実
  • サポートの対応が早い
  • 機能のアップデートでどんどん魅力的に
L Message(エルメ)のデメリット
  • 公式サイト以外の情報が少ない
  • 1:1チャットが課金対象になる
  • アップデートで操作画面が変わることがある

しかし、やっぱり自分で実際に使ってみるのが一番です。

L Message(エルメ)は無料から始められるので、まずは試しに導入してみて、その機能と使い心地を確認してみてはいかがでしょうか。

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「LINE自動化ツール導入のコンサルティングをしてほしい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

エルメ登録でプレゼント配布中!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる