L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの違いは?【比較】

 

L Message(エルメ)をわざわざ導入する理由ってなんだろう…
LINE公式アカウントと何が違うのかな?

今回はこういった疑問に答えます。

LINE公式アカウントを管理するツールって色々ありますよね。

どのツールも一見似たような機能がありますし、どれがどう違うのか分かりにくいです。

そこで今回はLINEの拡張ツール「L Message(エルメ)」と、「LINE公式アカウント」の違いを比較し、どちらがオススメなのか紹介します。

目次

L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの関係性

まずL Message(エルメ)の立ち位置について解説します。

L Message(エルメ)はLINE公式アカウントの拡張ツールであり、Messaging APIを活用したサードパーティー製のツールです。

LINE公式アカウント単体でも運用は可能ですが、L Message(エルメ)があるとさらに強化できます。

 

L Message(エルメ)単体では、LINE公式アカウントの運用はできないので注意!

L Message(エルメ)を利用する際は、LINE公式アカウントも併せて運用する形になります。

費用については、L Message(エルメ)とLINE公式アカウント、それぞれに料金が発生することを覚えておきましょう。

L Message(エルメ)とLINE公式アカウントを「機能」で比較

機能

次に、L Message(エルメ)とLINE公式アカウントを機能面で比較してみましょう。

L Message(エルメ)LINE公式アカウント
友だち見える化△ (相手からのメッセージが必要)
絞込み配信△ (ターゲットリーチ数50人以上必要)
ステップ配信△ (タイミングの詳細まで設定できない)
リマインド配信
自動返信△ (部分一致は不可)
1:1チャット
スマートフォンアプリ
クーポン配布
ショップカード
URLクリック測定
コンバージョン測定
イベント予約管理
タグ管理△ (手動タグ付け)
複数リッチメニュー
流入経路分析
決済機能
 

こうして表にしてみると、差は歴然ですね!

特に「友だちの見える化」や「絞込み配信」、「流入経路分析」などは、友だち数が増えるほど効果的な機能。

L Message(エルメ)の機能の詳しい紹介は、他の記事でしています。

LINE公式アカウント単体がオススメな人

メリット

ここまでの記事を読むと「絶対にL Message(エルメ)を入れるべき!」と思ってしまいそう。

ですが、LINE公式アカウントのみを導入したほうが良いケースもあります。

LINE公式アカウントのみがオススメな人
  • お客様との連絡で1:1チャットを頻繁に使う
  • ステップ配信や絞込み配信、流入経路分析などを使う予定が無い
  • LINEの運用コストをなるべく抑えたい

順番に解説していきます。

お客様との連絡で1:1チャットを頻繁に使う

お客さまと個別にチャットをする場合、L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの課金において、以下のような違いがあります。

  • L Message(エルメ)…LINE公式アカウントのメッセージ数としてカウント対象
  • LINE公式アカウント…LINE公式アカウントのメッセージ数としてカウント対象外

なので、L Message(エルメ)でチャットをやり取りした場合は、課金対象となってしまいます。

ただし、LINE公式アカウントは複数アカウントの作成が可能です。

「L Message(エルメ)と連携したメインアカウント」と、「問い合わせ専用窓口のサブアカウント」の2つを用意することで、課金することなくチャットを行うことができます。

ステップ配信や絞込み配信、流入経路分析などを使う予定が無い

業種によっては、ステップ配信や絞込み配信、流入経路分析などの機能を使わないケースもあることでしょう。

このような場合、L Message(エルメ)を導入してもあまり効果が期待できません。

LINE公式アカウントのみで十分といえます。

LINEの運用コストをなるべく抑えたい

L Message(エルメ)を導入する場合、L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの両方への利用料が発生します。

なるべくLINEの運用コストを抑えたいのであれば、LINE公式アカウントのみでも良いでしょう。

 

後になってL Message(エルメ)を導入する場合、元のLINE公式アカウントの構築が複雑だと移行も大変です!

L Message(エルメ)は月額10,780円を上限として利用できるので、将来的にコストを回収できないか慎重に検討しましょう。

L Message(エルメ)+LINE公式アカウントがオススメな人

最後に、L Message(エルメ)とLINE公式アカウントの両方を導入した方が良い場合を挙げていきます。

L Message(エルメ)+LINE公式アカウントがオススメな人
  • LINE上で教育・販売・フォローを自動化したい
  • お客様の行動を分析して次の行動へ繋げたい
  • LINE上で商品の決済まで完結させたい

LINE上で教育・販売・フォローを自動化したい

L Message(エルメ)のステップ配信や絞込み配信、リマインド配信などを活用すれば「教育・販売・フォロー」を全て自動化することができます。

なかなか忙しくて手が回らない方にとっては、業務の細かな作業を全てL Message(エルメ)が自動で代行してくれるので、とても有難いですよね。

今まで教育・販売・フォローをメルマガで行ってきた方も、圧倒的に開封率が高いLINEに置き換えることができます。

お客様の行動を分析して次の行動へ繋げたい

L Message(エルメ)には流入経路分析や、URLクリック測定、コンバージョン測定といった分析機能が豊富に搭載されています。

例えば店舗やWEBサイトだけでなく、SNSやYouTubeなど様々なメディアから流入させる場合、どの媒体からの流入が多いのか把握が可能。

そして、流入媒体ごとのコンバージョン率も測定できるので、どのメディアを伸ばせば良いのか次の行動へ繋げられます。

LINE上で商品の決済まで完結させたい

商品の決済のためだけに、自社のWEBサイトに誘導するのが面倒なケースもあることでしょう。

また、そもそも決済機能付きのWEBサイトを持っていない方もいるのでは?

でもL Message(エルメ)を導入していれば、LINE内でStripeを利用して商品購入まで完結させることができます。

L Message(エルメ)を無料お試ししてみよう

まとめ

今回はL Message(エルメ)とLINE公式アカウントの違いを比較しつつ、どちらがオススメか紹介してきました。

結論を言うと、どちらも使い方次第です。

自分がどういった使い方をするのか、必要な機能は何なのか整理して考えましょう。

L Message(エルメ)もLINE公式アカウントも無料から始められるので、まずは導入してみてはいかがでしょうか。

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「LINE自動化ツール導入のコンサルティングをしてほしい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

エルメ登録でプレゼント配布中!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる