L Message(エルメ)無料登録で豪華3点プレゼント実施中!

リッチメニューのテキストと応答メッセージを連携する方法

リッチメニューのテキストと応答メッセージを連携する方法
 

リッチメニューをタップしたときに、応答メッセージと連携してカードタイプメッセージとかを送れないかな?

今回はこういった疑問に答えます。

LINE公式アカウントのリッチメニューは便利ですが、デフォルトの設定だと以下の項目からしか機能を選択できません。

リッチメニューの作成画面
リッチメニューで設定できる機能
  • リンク
  • クーポン
  • テキスト
  • ショップカード

でも実際のところ、「リッチメッセージ」や「リッチビデオメッセージ」、「カードタイプメッセージ」を送りたいことってありますよね。

そこで考えたいのが、リッチメニューの「テキスト」と応答メッセージが連携できるかどうか。

結論からいうと、応答メッセージとの連携は可能です。

それではどうやって連携させるのか、手順を解説していきます。

目次

リッチメニューと応答メッセージを連携する手順

流入経路

リッチメニューと応答メッセージを連携する手順について解説します。

ここではリッチメニューをタップした際に、カードタイプメッセージが表示される例で紹介します。

全体の流れ

リッチメニューをタップしてから、カードタイプメッセージが表示されるまでの流れは以下の通りです。

STEP
リッチメニューをタップ

トーク画面下部のリッチメニューから「サービス紹介」をタップ

STEP
テキストが表示

「サービス紹介」とテキストが表示

STEP
応答メッセージが反応

「サービス紹介」のテキストに応答メッセージ機能が反応

robot
STEP
カードタイプメッセージが表示

カードタイプメッセージが表示される

連携のポイント

連携するにあたって押さえたいポイントは、「後ろのコンテンツから順に作る」ということです。

例えばカードタイプメッセージを表示させたいなら、以下の順番で作成します。

  1. カードタイプメッセージの設定
  2. 応答メッセージの設定
  3. リッチメニューの設定
STEP

STEP

 

応答メッセージを利用する場合はBotモードにすることを忘れずに!

もし応答設定がチャットモードになっている場合は、LINE Official Account Managerの「設定」→「応答設定」からBotモードに変更してください。

設定手順

具体的な設定手順を説明します。

STEP
カードタイプメッセージの設定

LINE Official Account Managerを開き、「ホーム」タブの「メッセージアイテム」→「カードタイプメッセージ」をクリック。

最終的に表示させたいカードタイプメッセージを作成します。

カードの詳細が入力できたら、保存をしてください。

STEP
応答メッセージの設定

「ホーム」タブの「自動応答メッセージ」→「応答メッセージ」をクリック。

反応させたいキーワードを以下のように設定します。

そして、STEP1で作成したカードタイプメッセージを選択。

設定ができたら保存をして、応答メッセージの完成です。

STEP
リッチメニューの設定

最後にリッチメニューを設定します。

「ホーム」タブの「トークルーム管理」→「リッチメニュー」をクリック。

アクションのタイプで「テキスト」を選択し、「サービス紹介」と入力。

 

STEP2で作成した、応答メッセージで反応させたいキーワードを入力しましょう!

リッチメニューを保存したら完了です。実際に動作を確認してみましょう。

応答メッセージ連携の注意点

注意点

先述してきた手順で設定完了ですが、もし変更の際には注意が必要です。

最後に表示させるカードタイプメッセージ等の中身を変更した場合、応答メッセージの内容は自動反映されません。

応答メッセージの編集画面で、以下の部分を必ず再設定しましょう。

個別チャットも使うなら拡張ツールの導入を検討しよう

メリット

ここまで、リッチメニューと応答メッセージを連携する方法について解説してきました。

でも実際のところ、設定がなかなか面倒。

また、応答設定でBotモードを使用するため、1:1の個別チャットが使えなくなります。

もし今回の機能をもっと簡単に実装するなら、LINE拡張ツールを利用するのがオススメです。

例えばL Message(エルメ)などを利用すれば、わざわざ応答メッセージの設定無く、今回のような機能を実装できます。

L Message(エルメ)は無料から導入できるので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

今回はリッチメニューのテキストからの、応答メッセージを連携する方法について解説してきました。

カードタイプメッセージのような、デフォルトのリッチメニューでは送れないはずのメッセージでも、応答メッセージと連携すれば実装が可能です。

しかし、人によっては設定が面倒に感じるでしょうし、個別チャットもできなくなります。

LINEの拡張ツールのL Message(エルメ)などを使えば、もっと簡単に実装できて個別チャットも可能。

ぜひ拡張ツールの導入も検討してみてください。

LINE公式・エルメ構築承ります

当サイト運営者は「LINE公式アカウント」と「L Message(エルメ)」の構築・運用代行を承っております。

「LINEは気になるけど、どう導入すれば効果が出るか分からない」「LINE自動化ツール導入のコンサルティングをしてほしい」

などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

エルメ登録でプレゼント配布中!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる